コラム
column
ホエールタウンおしか > 最新情報 > コラム > もうすぐ完成!「第16利丸(としまる)」リニューアル

もうすぐ完成!「第16利丸(としまる)」リニューアル

昭和34年、日本は南氷洋捕鯨で捕獲頭数世界一を記録しましたが、それには3隻の大型捕鯨船の活躍が大きく影響しました。

そのうちの1隻が鮎川浜のシンボル「第16利丸」だったのです。

日本一の名砲手・泉井(いずい)守一(もりいち)氏が乗った第16利丸は、たくさんの鯨を捕獲した優秀な捕鯨船だったため、捕鯨船乗りがあこがれる船だったと言われています。

大型捕鯨船が陸上展示されているのは和歌山県太地町と石巻市鮎川浜の2か所のみ。
一般客が乗船できるのはこの第16利丸だけであるため、実はここ鮎川は日本で(というより世界で)唯一の貴重な体験ができる場所なのです。

捕鯨船は、捕鯨砲を撃ちやすくするために船首が極端に高くなっていて、そこからの眺めは抜群。
見学した際はぜひ砲台に上って捕鯨砲を構え、鯨捕り気分になりきってみてはいかがでしょうか。

※乗船無料・一部立入禁止の場所あり